• HOME
  • 千葉で防水工事を行う際に知っておきたい基礎知識

千葉で防水工事を行う際に知っておきたい基礎知識

2016.11.1
bousui0-00.JPG
防水工事とは、建築物に対する防水は雨水が建物内へ浸入するのを防ぐことを目的としています。
建物は雨・風や紫外線・熱などの影響から日々劣化していきます。

建物の中でも特に自然に影響を受けて傷むのが屋上の防水層です。
コンクリートの建物は寿命がおおよそ60年程度と言われておりますが、
防水層の手当てによりその寿命は長くも短くもなります。

また一般住宅のベランダ防水の手入れを怠ると下地まで傷めてしまい、多額の補修費用が発生してしまいます。

適切なタイミングで防水層の手入れをするためにも、定期的に専門業者に診断をしてもらうことをお勧めします。

目次



1.防水工事の種類

防水には様々な工法があり、施工部位や使用方法、劣化状況などを考え適した防水仕様を選ぶ必要があります。


1-1 ウレタン防水(密着工法)
bousui1-01.JPGウレタン塗膜防水とは、粘り気のある液状のウレタン樹脂をコテなどで塗って防水層を形成する工法です。
基本的には主剤と硬化剤の2液を混ぜ合わせてその化学反応によって硬化します。
仕上りは継目の無いシームレスになるので複雑な形状の屋上やベランダにも比較的容易に施工できます。



1-2 ウレタン防水(通気工法)
bousui1-02.jpg密着工法などで膨れの原因となる下地に含まれる水分(水蒸気)を通気シートを用いて排出できる防水工法です。
通気性能を有したシートを下張りしてその上に粘り気のあるウレタンゴムを塗布する工法となり50㎡程度ごとに湿気などを処理する脱気筒の取付が必要となります。

密着工法はベランダなどの小面積向きですが、通気工法は屋上やルーフバルコニーなどの大面積向きの工法です。


1-3 FRP防水
bousui1-03.jpgFRPとは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称です。
FRPは耐水性と強度に優れており、住宅以外にも船舶や自動車部品・バスタブなど広く使用されています。

施工性も硬化が早く工期も1日か2日で済み、その防水層は軽量強靭で保護層もいらないため、多くの戸建住宅のベランダに採用されています。
デメリットは硬い仕上りとなるため、下地への追従力に欠け割れやすいことです。


1-4 シート防水
bousui1-04.jpgシート防水にはゴムシート防水と塩ビシート防水の2つが存在します。
耐久性や維持管理などの観点から殆どの現場で塩ビシート防水が採用されています。
塩ビシート防水は、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤で下地に張って、耐久性に大変優れていますが、比較的施工費用が高い傾向となる工法です。
また技術力の高い施工会社でないと品質が懸念される工法でもあります。

施工方法は密着工法と機械的固定方法があり、下地に影響されたくない現場では、機械的固定方法が採用されますが非歩行性となるので注意が必要です。


1-5 アスファルト防水
bousui1-05.jpg防水性に優れたアスファルトを染み込ませたシートを複層にしたルーフィング型防水材。
熱工法、トーチ工法、常温工法があり、押さえコンクリート仕上げに適した防水層です。

熱工法は施工時の臭気がネックで、バナーでアスファルトシートを直接溶融して張るトーチ工法の採用が増えています。
大面積向け工法で一般住宅には適さない工法です。




2.防水工事の工程

それぞれの防水工事には正しい施工工程がありますので理解してから施工を依頼しましょう


2-1 ウレタン防水(通気工法)の工程
bousui2-01.jpg


2-2 FRP防水の工程
bousui2-2.jpg


2-3 塩ビシート防水(機械的固定方法)の工程
bousui2-3.jpg


3.業者選びの注意点

bousui3-0.jpg防水工事は業者選びが難しいです。
外壁などと違い提案が似てしまうのと業者ごとの特性もつかみにくいです。
最終的には見積り価格だけで判断となってしまいます。

正しい業者選びができる2つのポイントを紹介します。
3-1 専門性が高く実績のある業者を選ぶ
bousui3-1.jpg総合建築や総合リフォーム会社などの幅広く工事を請け負う業者は防水工事の経験が少ない場合が多いです。
なるべく防水工事を専門に扱っている業社を探しインターネットなどで防水工事の実績を確認しましょう。
3-2 保証やメンテナンスを確認する
bousui3-2.jpg防水工事は建物を水から守る大切な工事となり、施工後に不具合が起きてしまった場合は速やかな処置が必要となります。
保証書の発行やメンテナンス体制を確認しましょう。


4.まとめ

建物を水から守るのに必ず必要となる防水工事。
多種ある材料と工法からみなさまの建物に適した工事方法を提案してくれる業者を探して正しい工事をしてもらえるように心掛けましょう





その他の防水工事施工事例はこちら
bosuikoji_bnr670.jpg




リフォームで家事が楽しくなった。

大変だったお掃除がすごく楽になった。

リフォームですっきりキレイになった。

水道光熱費のムダが減った。

タイプ別施工事例 外壁塗装・屋根塗装は千葉の外装リフォーム専門店みすずへお任せください 資格を持った外装のプロが無料で外壁・屋根の診断をいたします 無料の雨漏り診断もお任せ下さい LINE@友達登録キャンペーン
        
LINE@友だち登録キャンペーン