定休日カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
定休日

セメント瓦屋根を化粧スレートへ葺き替え



セメント瓦から化粧スレートへ、
葺き替え工事が完了しました。

セメント瓦とは、セメントを主成分とした屋根瓦です。
陶器瓦と比べて初期費用が安く抑えられるため、
30~40年ほど前に戸建て住宅で普及しました。

セメント瓦の耐久年数は30年無塗装の場合は20年になります。
そのため、葺き替えリフォームが必要な屋根が増加しているのです。

今回はそんなセメント瓦から化粧スレートへ、
屋根の葺き替え工事を行った施工例をご紹介します。

【施工前】
20171128-blog-01.jpg

築30年を超えるセメント瓦
ノーメンテナンスで現在に至ります
賃貸物件ですが、雨漏りが発生していたため、入居者の募集を中止。
オーナー様より、雨漏り修理のご依頼をいただきました。

20171128-blog-02.jpg

立野も正面はパラペットで、立上りもあります。

20171128-blog-03.jpg

セメント瓦を持ち上げてみると、
中のルーフィングが破れている箇所があるのを発見。
調査をしてみると、
ここから雨水が野地板に染み込んでいました。

20171128-blog-04.jpg

また、こちらの建物はお隣と接しており、
屋根の一部を板金で共有す構造となっておりました。
そのため、普通の戸建てよりも細心の注意を払い、工事を進めさせていただきました。


【施工】
20171128-blog-05.jpg

既存のセメント瓦を撤去します。

20171128-blog-06.jpg

ゴミを撤去し、新たに野地板(コンパネ)を張って下地を補強。
その上に、防水紙であるアスファルトルーフィングを下葺きしました。
軒先から棟に向かって、隙間なく敷いていきます。
雨漏り物件のため、防水テープなども併用して念入りに行いました。

20171128-blog-07.jpg

パラペット部分はナマコ波板を一度撤去。
雨仕舞を行った後、ルーフィングを貼っていきました。

20171128-blog-08.jpg

ケラバは既存のものに不具合があったため、
防水テープで雨仕舞を行い、板金でカバーしました。

20171128-blog-09.jpg

荷揚げリフトで化粧スレートを運びました。
使用した屋根材はコロニアルクアッドです。

20171128-blog-10.jpg

軒先から順に、屋根材を取り付けていきます。

20171128-blog-11.jpg

貫板も新しくし、棟板金を取り付けて、葺き替え工事の完了です。


【完成】
20171128-blog-12.jpg

綺麗に生まれ変わりました。

20171128-blog-13.jpg

雪止めも設置したので、雪が降っても安心です。

20171128-blog-14.jpg

パラペット部分もこの通り。

雨漏りも収まり、
オーナー様には大変喜んでいただけました。
入居者の募集も再開したそうです。
これで安心してお住みいただけます!

瓦屋根の改修工事は、
ぜひ、リフォーム工房みすずにご相談ください!